福利厚生がちょっと変わっている会社

福利厚生と聞けば、保険や保養施設を思い浮かべます。

福利厚生がちょっと変わっている会社

福利厚生と聞けば、保険や保養施設を思い浮かべます

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性 33歳
福利厚生と聞けば、保険や保養施設を思い浮かべます。
私が結婚前に働いていた職場は、年に一度、肺活量や大腸ポリープなど普通の会社だとそこまで行わない、まるで人間ドッグのような検診がありました。
市で行っていたり、病院に行って予約だと行きにくかったり、自分は大丈夫だろうと受けなかったりするので、とてもいい体験だったと思います。
また部活や夏休み、冬休みが交代で取れ、職員同士で旅行を楽しみました。
年に一度の社員旅行も数プランあり、希望のプランを選択する事ができました。
国内でしたが、舞妓体験や沖縄の民族衣装をきて記念撮影した事が一番印象に残っています。
社員旅行といえば観光がほとんど、それもあまりいい場所ではない。男性の上司と行っても正直楽しくないと言う声がよく聞かれます。女性が多い職場だから実現出来ていた旅行計画だったのかもしれませんが、とても楽しく友達にも羨ましがられました。

私ではありませんが、知り合いは社宅が月3千円と言っていました。
いろんな福利厚生があるので、調べてみると興味深いです。

福利厚生といえば、保険や住宅関連のものが多いのではないでしょうか

女性 25歳
福利厚生といえば、保険や住宅関連のものが多いのではないでしょうか。
しかし、中には変わった福利厚生がある会社もあります。私が知っている会社には、なんと飲み会の費用を会社が負担してくれると言う制度です。
もちろんどんな飲み会でも良いわけではありません。同じ会社に勤める社員同士の飲み会に限ります。
ですが、それでもすごく社員側からすれば助かる制度ではないでしょうか。月々のお小遣いが少なくなって、なかなか同僚や後輩、先輩などと飲みにいけない男性が増えている中で、このような福利厚生があれば社員同士の絆も深まり、チームワークも出てくるのではないでしょうか。おそらく仕事にも良い影響が出てくるでしょう。会社のお金なので、思い切って高級店に行ってみるのも良いかもしれません。飲みにいった日の話題で、また後日会社でも会話が増えコミュニケーションも増えていくでしょう。
会社側からすればコストがかかりますが、これで仕事の効率が上がればよいのかもしれません。

Copyright 2016 福利厚生がちょっと変わっている会社 All Rights Reserved.